特定健康診査・特定保健指導福祉事業

40歳~74歳の組合員・被扶養者が対象

平成20 年4月から、実施年度中に40 歳~74 歳に達する組合員・被扶養者に対して特定健康診査・保健指導を実施することが共済組合をはじめとする医療保険者に義務づけられました。

特定健康診査(生活習慣病の危険度を調べる)

特定健康診査

特定保健指導(生活習慣改善のための行動をサポート)

特定保健指導では、メタボリックシンドロームの概念を基に、生活習慣の改善に重点を置いた健康づくり支援が実施されます。具体的には、健診結果から自身の健康状態を把握したうえで、生活習慣改善の必要性を認識し、自ら行動目標を立て実行できるよう指導していくというものです。

共済組合のしくみ

短期給付(医療)

長期給付(年金)

福祉事業

Q&A

こんなとき、こんな手続き

各種請求用紙ダウンロード

当組合のご案内

サン・ピーチOKAYAMA こんなとき、こんな手続き 各種請求用紙ダウンロード