市町村共済の団体保険福祉事業

万が一の場合(死亡・高度障害)に備えて

三大疾病に備えて(脳卒中・がん・急性心筋梗塞

病気・ケガに備えて

リレープラン・退職後三大疾病保険・退職後医療保険については個人保険となります。

遺族保障保険

万一の不幸(死亡・高度障害)があった場合、遺族に保険金が支払われます。在職中のみの加入となります。

遺族保障プレミアム80

「遺族保障保険」加入者が在職中に加入することで退職後も80歳まで継続でき、死亡・高度障害保険金が支払われます。

長期継続保障保険

「遺族保障保険」加入者が在職中に加入することで退職後も80歳まで継続でき、死亡・高度障害保険金が支払われます。

入院医療費支援保険

病気やケガで1日以上入院した場合(日帰り入院(注)含む)に給付されます。退職後70歳まで継続できます。

(注) 「日帰り入院」とは入院日と退院日が同一の入院で、かつ入院料等が算定された入院をいいます。病院による入院の証明にもとづきお支払いします(外来での治療は「日帰り入院」に該当しません)。

医療保障保険

病気やケガで入院、ケガで通院、病気やケガで手術を受けた場合、所定の要介護状態になった場合等に給付されます。退職後69歳まで継続できます。

三大疾病保険

主契約は、悪性新生物(がん)と診断確定されたとき、または急性心筋梗塞・脳卒中を発病して所定の状態(※1)になったとき、または死亡・所定の高度障害状態のとき、7大疾病保障特約は、所定の悪性新生物(がん)と診断確定されたとき、または急性心筋梗塞・脳卒中・重度の糖尿病・重度の高血圧性疾患(高血圧性網膜症)・慢性腎不全・肝硬変を発病して所定の状態(※1)になったとき、がん・上皮内新生物保障特約は所定の悪性新生物(がん)・上皮内新生物と診断確定されたとき、給付されます。退職後70歳まで継続できます。
特定疾病保険金と死亡・高度障害保険金とは重複しては支払われません。

※1 「急性心筋梗塞」「脳卒中」の場合、「所定の状態」には「所定の手術を受けたとき」を含みます。

傷害保険

傷害(ケガ)による死亡・後遺障害・入院・通院・手術に対して保険金が支払われます。退職後80歳まで継続できます。

詳細はパンフレット(前半後半)をご覧ください。

積立年金保険「いこい」(拠出型企業年金保険)

毎月給与より積み立てをし、将来その額を年金として受け取れます。

詳細はパンフレットをご覧ください。

訴訟費用保険

組合員の業務上の行為に起因する訴訟がなされた場合の訴訟費用や損害賠償金を補償します。

詳細はパンフレットをご覧ください。
記載の年齢は保険年齢です。
当ホームページに掲載している内容は、平成29年度の制度内容(平成29年3月1日時点)のものです。ご加入に際しては最新のパンフレットを必ずご参照願います。
MK-A-16-他-008330
MYG-A-16-LF-1258

共済組合のしくみ

短期給付(医療)

長期給付(年金)

福祉事業

Q&A

こんなとき、こんな手続き

各種請求用紙ダウンロード

当組合のご案内

サン・ピーチOKAYAMA こんなとき、こんな手続き 各種請求用紙ダウンロード