入院中の食事代短期給付(医療)

入院中の食事代(入院時食事療養費)

組合員やその家族(被扶養者)が入院中に食事の提供を受けるときは、次の額を支払えば、残りは共済組合が負担します。

食事療養標準負担額 1食につき360円(平成30年度から460円となる予定)

ただし、次の場合に該当し、共済組合から食事療養標準負担額の減額認定を受けている者は、それぞれ以下の金額に軽減されます。

市町村民税非課税等の組合員とその家族(被扶養者) …… 1食210円
①の場合で、過去12月の入院日数が90日を超えている場合 …… 1食160円
市町村民税非課税等の組合員とその家族(被扶養者)で、所得が一定基準以下の場合 …… 1食100円
(注) これら食事に係る負担額は一部負担金払戻金、家族療養費附加金、高額療養費制度の対象とはなりません。

65歳以上75歳未満の居住費、食費(入院時生活療養費)

長期療養入院している65歳以上75歳未満の組合員やその家族(被扶養者)が生活療養(食事療養並びに温度、照明、給水に関する適切な療養環境の形成)を受けるときは、食費、居住費の一部として次の額を支払い、残りは共済組合が負担します。

生活療養標準負担額 食費460円(1食)、居住費320円(1日)

ただし、次の場合に該当し、共済組合から食事療養標準負担額の減額認定を受けている者は、それぞれ以下の金額に軽減されます。

市町村民税非課税世帯 ………食費210円(1食)、居住費320円(1日)
年金受給額80万円以下等 ……食費130円(1食)、居住費320円(1日)
老齢福祉年金受給者 ……………………食費100円(1食)、居住費なし
医療保険適用の療養病床について、入院医療の必要性の高い患者(人工呼吸器、中心静脈栄養等を要する患者や難病等の患者)に関しては、上記入院時食事療養費に係る負担額のみとなります。
これらの生活療養に係る負担額は、一部負担金払戻金、家族療養費附加金、高額療養費制度の対象とはなりません。
食費460円は、医療機関により420円となる場合があります。

共済組合のしくみ

短期給付(医療)

長期給付(年金)

福祉事業

Q&A

こんなとき、こんな手続き

各種請求用紙ダウンロード

当組合のご案内

サン・ピーチOKAYAMA こんなとき、こんな手続き 各種請求用紙ダウンロード