掛金(保険料)・負担金関係Q&A

産前産後休業中の掛金(保険料)免除について

産前産後休業中の掛金(保険料)は免除されるそうですが、その期間を教えてください。

産前産後休業を開始した日の属する月からその産前産後休業が終了する日の翌日の属する月の前月までの期間です。

産前産後休業期間とは、出産日(出産予定日の後に出産した場合は、出産の予定日)以前42日(多胎妊娠の場合は98日)から出産日の後56日までの期間のうち、地方公共団体における特別休暇の産前産後休暇を取得した期間です。

掛金(保険料)が免除されると将来受け取る年金額も減るのですか?

産前産後休業期間中の掛金(保険料)の免除により年金額が減額されることはありません。

産前産後休業期間中に給与が支払われる場合であっても掛金(保険料)は免除されるのですか?

産前産後休業期間中の掛金(保険料)については、給与が支払われる場合であっても免除されます。

育児休業中の掛金(保険料)免除について

育児休業中の掛金(保険料)は免除されるそうですが、その期間を教えてください。

育児休業期間中(ただし、育児休業の対象となる子が3歳に達するまで)の組合員本人の掛金(保険料)および地方公共団体の負担金(一部を除く)は、申し出により免除されます。

育児休業終了時の掛金(保険料)・負担金の徴収はどうなりますか?

掛金(保険料)・負担金は、月単位で徴収されます。したがって、復職した該当月から、その月の掛金(保険料)は徴収されます。

掛金(保険料)が免除されると将来受け取る年金額も減るのですか?

育児休業期間中の掛金(保険料)の免除により年金額が減額されることはありません。

掛金(保険料)・負担金の徴収の取り扱いについて

月の途中に加入、または退職したとき、掛金(保険料)・負担金はどうなりますか?

掛金(保険料)・負担金は、組合員となった月から、組合員の資格を失った日の属する月の前月まで月単位で徴収されます。
したがって、月の途中に加入したときは当月分の掛金(保険料)・負担金は徴収されますが、月の中途で退職した場合(組合員の資格を取得した月を除く)は、掛金(保険料)・負担金(事務費のみ徴収)は徴収されません。

月の途中で職種変更したら、掛金(保険料)・負担金はどうなりますか?

給料に係る掛金(保険料)・負担金は、毎月の初日における報酬を標準として算定されます。
しかし、月の中途で一般職から特別職に職種の変更があった場合は、その月の掛金(保険料)・負担金は異動後の報酬を標準として算定することになります。
(特別職から一般職への職種変更の場合も同様に取り扱います)

共済組合のしくみ

短期給付(医療)

長期給付(年金)

福祉事業

Q&A

こんなとき、こんな手続き

各種請求用紙ダウンロード

当組合のご案内

サン・ピーチOKAYAMA こんなとき、こんな手続き 各種請求用紙ダウンロード