退職後の医療保険制度Q&A

退職後の医療保険制度について

退職後の医療保険制度は?

どの医療保険制度に加入するかは、退職後に再就職する人、しない人等、人によって異なりますので、下記を参考にしてください。

<再就職する>
・再就職先の健康保険に加入する

健康保険等に加入していない事業所の場合
・共済組合の任意継続組合員になる
・国民健康保険に加入する
<再就職しない>
・配偶者や子等の加入する医療保険制度の被扶養者になる

被扶養者になれない場合
・共済組合の任意継続組合員になる
・国民健康保険に加入する

任意継続組合員制度とは?

任意継続組合員制度とは、退職日の前日まで引き続き1年以上組合員であった方が、退職後20日以内に共済組合に申し出ることにより、短期給付(休業手当金を除く)および福祉事業の一部(人間ドックおよび宿泊利用の助成)について在職中と同様の適用が受けられる制度です。

任意継続掛金の額および納入方法は?

任意継続組合員の掛金は、在職中のような地方公共団体の負担金がなくなるために、全額自己負担となります。
したがって、任意継続組合員の掛金率は「組合員の掛金の数値」と「地方公共団体の負担金の数値」を合計したものになります。
なお、納入方法については、共済組合から送付された中国銀行の振込用紙で納入期限までに払い込んでください。

任意継続掛金を前納し、その前納期間中に脱退したいとき掛金(保険料)は返還されますか?

返還されます。
「任意継続組合員資格喪失申出書」に組合員証等を添付して送付いただいた後、共済組合からご本人様宛に還付金の請求手続きについて、ご案内いたします。

共済組合のしくみ

短期給付(医療)

長期給付(年金)

福祉事業

Q&A

こんなとき、こんな手続き

各種請求用紙ダウンロード

当組合のご案内

サン・ピーチOKAYAMA こんなとき、こんな手続き 各種請求用紙ダウンロード